知っててよかった家づくりトレンド

家づくりの基本から税金対策、購入資金計画、老後の生活設計まで最近の
家づくりトレンドをサーチ&ピックアップしています。

ハウスメーカーと地元工務店、どっちで建てる?

Signpost
Signpost / xlibber

ハウスメーカーと地元工務店、どちらで家を建てる方が良いのかと聞かれます。ハウスメーカーのブランド力が安心と言う声があります。いや地元工務店の方が要望をしっかり聞いてくれると言う声があります。
ここからは私の所感ではありますが、その答えは簡単と言えば簡単だと常に感じています。家は何十年と住む人生で一番長く付き合うものです。最初の10年は殆ど何も問題なく暮らせるのが当たり前ですが、20年を過ぎる頃からどんな建て方をしてもどこかが不具合をおきてきます。

その際に修繕やリフォームが発生してくるわけですが、誰に問い合わせ依頼をされるかと言えば当然購入した際の担当者です。ではここでお考え下さい。ハウスメーカーであれば購入時の担当者が同じ営業所に勤務している確率はどの程度でしょうか。殆ど担当は変わっていると思います。

担当者が変われば必ずサービスは低下するはずです!

この担当者が変わっているとなかなか無理も言えませんし、相談しにくいのが実態かと思います。では地元工務店ではどうか、担当者が仮に変わっていても経営者が変わるケースは殆どありません。

例え世代交代していても同じ親族です。地元工務店の場合、経営者が施主さんを殆ど覚えています。そうなれば20年後に何か問題があって相談しても自社のお客様として対応してくれるはずです。
当然会社によってハウスメーカーであっても地元工務店であってもその対応は異なるため一概には言えませんが、もっとも長く付き合う先なのでその点を慎重にお考え下さい。

最後に良い工務店の見分け方の秘策を記載しておきます。それは「3代に渡ってその工務店で家を建てている施主さんがたくさんいる会社」と言えます。社歴が長くないと当然発生しませんが、この視点はとても大切だと私は感じています。

Carpenters Tool Box
Carpenters Tool Box / Naughty Architect

お客様にご納得
いただけるまで、私達が
とことんご相談をお受けいたします。

京都住宅総合館が厳選した工務・大工のプロが勢揃い。
皆様の夢を叶えます。

工務店一覧はこちら >

何から始めていいか困っていませんか?

“京都の注文住宅まるわかりキット”をお届けします。